奈良吉野と大阪阿倍野で学べるジャズ教室のご案内。オンライン通信教育コースもあります ≫
ジャズボーカルってどんな歌手?

こんにちは!

前回は、ジャズとジャズ以外の音楽の違いをお話しました。

今回は、ジャズボーカルとジャズ以外のボーカルの違いについてのお話です。

SPOONFUL MUSICでもジャズボーカルのレッスンをおこなっていますが、何を学べばジャズボーカルになるのでしょうか?

復習・ボーカルはジャズの例外的存在?

 

やっと歌の話になったやで!!前回はすぐに「ボーカルを除く」とかいって歌と関係ない話ばかりしよってからに。ワイは歌手や!!紅白に出るんや!!

※バチカブリはジャズを学べば紅白に出られるとだまされてジャズを勉強しています

 

前回はボーカルそっちのけでジャズの話をしていましたね。ここでもう一度、前回のまとめを貼って復習しましょう。

  

前回まとめた、ジャズとジャズ以外の音楽(ポップスなど)の違いです。

 

・ジャズの演奏に作曲者、作詞者の意思はほとんど反映しない(ボーカルを除く)
・ジャズはテーマでは盛り上がらない(ボーカルを除く)
・ジャズはアドリブを一周するごとに盛り上がってゆくことが多い
・アドリブがもりあがるのは曲のサビとはかぎらない。
・ジャズは演奏中にプレイヤー同士が刺激し合って、予期しない、素晴らしい演奏をすることがある

 

テーマ(曲)について書かれたのは、最初の二行です。

この二行をボーカル側から言い換えてみましょう。

・ジャズボーカルは、作曲者、作詞者の意思を反映して表現することもある。

・ジャズボーカルは、テーマで盛り上がる。

  

 

歌手はテーマを思い切り歌いなさいってことやな。

 

そういうことだね。そのための歌だからね。

 

楽器の人はテーマを思い切りやっちゃいかんのか。

 

いけないってことはないけど、そのあとがあるからね。地獄を見るのはアドリブからで充分です。

 

果報は寝て待てってことやな。

 

ちょっと違う・・

 

ジャズボーカルが表現するもの

 

でもこれだったら普通の歌とどこが違うかわからへん。歌を歌らしく歌えばええんやろ?

 

ちょっと待って、よく読んでごらん、バチカブリ。

 

「ジャズボーカルは、作曲者、作詞者の意思を反映して表現することもある。」

 

「こともある」って最後に書いてあるだろう?
ということは、そうしないこともあるってことなんだよ。

 

前回の「AS TIMES GOES BY」みたいにロマンチックな曲をスインギーに歌ったりすることもあるってことやな

 

 ジャズでは、ボーカルもとても自由度の高い演奏をします。

 ここでもう一度、「AS TIMES GOES BY」スイングバージョンの演奏を聴いてみましょう。

 もともとロマンチックなバラード曲ですが、気分によってはこのような演奏になります。

  

 

そう!ジャズはボーカルも、作者ではなく、自分自身を表現するんだ。自分自身を表現するために作者の意図を汲むならそれでもいいし、思うように解釈して歌ってももちろんいいんだ。

 

ジャズボーカルの仕事

 

リズムとテンポの指示を出す

 

どんなふうに歌うかはボーカルが決めていいの?

 

もちろん。歌うときはボーカルが主役だからね。

 

せや!主役や!!みんなワイについて来いやで!!

 

というよりも、どんなふうに歌うかは、ボーカルが自分で決めなくちゃいけないんだ。リズムとテンポを決めたら、曲調は決まってくるから、歌う前にバンドに指示を出すんだ。

 

お安いご用や!!決めるやで!!!

 

楽譜を書く

 

元気がよくていいですね。この勢いで楽譜を書こうか。

 

ええっ、売ってる楽譜使っちゃだめなの?

 

うん、これは自分で書かなくちゃいけないんだ。自分のキーに合わせて移調した楽譜をバンドに渡さないと、バンドが演奏できないからね。

 

キーとは、ハ長調やヘ長調など、音楽の調のことです。

人にはそれぞれ、自分の声に合ったキーがあって、キーを合わせると、音が高すぎたり、低すぎたりして歌えなかった歌が歌えるようになります。

反対に、キーを合わせなければ、歌える歌も歌えなくなったり、歌えても、きれいな声を出すことができなくなったりします。

 

カラオケで+とか-とかボタンを押して高さを変えるアレやな。

 

そう!それ!カラオケではボタンひとつだけど、ジャズは自分で楽譜を作らなくちゃいけないんだ。演奏するのは機械でなく人間だからね。

 

まじか・・

 

本の楽譜をそのままコピーして持ってくるのは言語道断、ステージの上で読みにくい楽譜を持って来られたりした日にはもう泣くしかないです・・・

 

あっ、コウメイが遠いところ見て何か思い出してて怖いやで!!

 

ジャズは発表会じゃなくて即興なんだから、シンプルイズベストであってほしいです・・・伴奏が間違えたらボーカルが音を外したように聞こえるので恥をかくのは自分なので楽譜だけはシンプルにきれいに書いてほしいです・・・

 

シ、シンプルイズベストならワイにも書けるかな!書けなかったら金と権力にものを言わせて誰かに書かせるやで!!

 

そんな国王陛下にはパソコンで楽譜を作るソフトをおすすめします。簡単に移調譜が作れますよ。

 

 移調譜は、無料ソフトのmusescoreを使って作成することができます。

 

有料ソフトはMake Musicや、高価になりますが、Sibelius、Finaleなどが販売されているので、自分に合ったソフトを探してみましょう。

 

 

ジャズスタンダード曲をおぼえる

 

移調した楽譜を書いて、テンポとリズムを決めて指示を出せたらワイもジャズシンガーやな

 

まだですよ、国王。歌をおぼえなくてはなりません。

 

歌を作ってくれたらいつでも歌うやで!!

 

ジャズは自分のオリジナルソングがある人もいるけれど、スタンダード曲という、定番曲があるからそれをおぼえて歌うんだ。

 

何曲くらいあるの?

 

それこそ無限にあるけれど、押さえておきたいのはだいたい200曲くらいかな。今まで出てきた「マック・ザ・ナイフ」や「アイ・ガット・リズム」もスタンダード曲だよ。ジャズプレイヤーたちが名演を重ねてきた曲だね。

  

200曲!!

 

ジャズバンドと歌うということ

 

ジャズスタンダードは全部おぼえなくてもいいけれど、少しでも多くのレパートリーは作っておいたほうがいいね。お客さんからリクエストがあることなんてしょっちゅうだからね

  

ジャズスタンダードはみんな知ってるから、どこで歌うことになるかわからないってわけやな。

 

そのとおり!セッションで出会った人に「Love For Sale」やるけど入らない?なんてこともあるかもしれないしね。

 

初めて会った人でも練習なしで合わせられるんや!

 

そう、それがジャズだからね。
でもその代わり、バンドは伴奏だからメロディを弾いてくれないし、ジャズは和音が独特だから、歌を乗せるのにも慣れなくちゃいけない。即興だから盛り上がってくると何が起こるかわからない。そういうジャズバンドに慣れる練習もしなくちゃいけないね。

 

なんかワイ目がまわってきたやで!!

 

こうしてあれこれ言うとたくさんあるように思えるかもしれないけれど、ジャズボーカルの勉強は大きく分けて、スタンダード曲を勉強することと、ジャズバンドに慣れる二つだけなんだ。スタンダード曲は楽譜を作って歌うことを繰り返すしかないし、ジャズバンドにも歌って慣れるしかないから、歌っていればいつの間にか身につくものでもあるんだ。

 

まとめ

スタンダード曲の勉強

  • 歌う曲を決める
  • 自分のキーを決める
  • キーに合わせて楽譜を書く
  • 歌詞をおぼえる
  • 歌う練習をする

ジャズバンドに慣れる練習

  • メロディのない伴奏だけで歌う
  • 歌詞を見ずに歌う
  • テンポとリズムを指示する
  • バンドはコードネームだけで弾く即興なので毎回伴奏が変わります。伴奏が変わっても慌てず歌う
  • ジャズの独特な和音に歌を乗せる
  • ジャズの独特なリズムに歌を乗せる

 

ジャズを歌うということは、初級編でもこれだけの課題があるんだ。その代わり、スタンダード曲はクラシックみたいなもので流行がないから、歌い方をおぼえると、いつでもライブで使えるし、どこでもセッションすることができるようになるよ。

 

ジャズシンガーってたくさんやることあるんやな

 

ジャズ以外の音楽は、だいたい一曲を深く掘り下げて歌うけれど、ジャズは即興なので、いつでもどこでもどのようにでも歌えるように準備することが勉強なんだ。

 

なるほど!たくさん歌えるようになったらどれか一曲は紅白歌合戦に出られるやろって計算やな。

 

そのとおりです国王陛下。ジャズを歌えるようになったらお友達も増えますよ。飛び入りジャズセッションは世界中のどこのジャズライブハウスでも開催されていますからね。世界中視察にまわるのにもってこいですよ。

 

友達がいないヒキコモリピアニストに言われても説得力ゼロや。

  

友達がいなくなったのはヒキコモリをはじめてからなので、ヒキコモリさえしなければジャズプレイヤーでもお友達ができますよ。

 

悲しすぎてどこから突っ込んだらいいかわからんよ。

 

おまけ:ジャズボーカル上級編

  

初級編ということは上級編もあるんか

 

うん、上級編になると、ボーカルもアドリブをするようになるよ。シャバダバシャバダバっていうの聴いたことない?あれがボーカルのアドリブ、スキャットなんだ。

 

知ってる!!イレブンピーエムや!!!

 

あんたほんと何歳だよ。

 

最後に、ジャズボーカルのアドリブ、スキャットを少し聴いてみましょう。

フライミートゥザムーンのスキャットです。メロディがなんとなく聞こえてくるでしょうか?

  

  

バチカブリ国王に贈賄のお願い

いつもありがとうございます。

この記事を気に入って下さった方、国王にもっとジャズを勉強してブログを更新してほしいという方がいらっしゃったら、贈賄していただけると、おやつを食べたりマンガを読んだりして味をしめたバチカブリ国王の勉強に身が入ります。

権力にはなびかない市民派の方は、「下僕へ差し入れ」とメッセージ欄に書いていただけたら、国王には内緒で下僕の柴田コウメイに届けられます。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック

金額は空白欄に適当に(15円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。

メールのあて先は 「oyatsu@spoonful-music.com」です。
※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。


よろしくお願いいたします。

 

 

 

ジャズボーカルカテゴリの最新記事